本文へ移動
家づくりの流れ

家づくりの流れをご紹介します。
長く住む大切な家だからからこそ、時間をかけて私たちと一緒に決めていきましょう。



① 敷地調査
法務局調査:敷地の管轄内の法務局、またはインターネットにて土地の権利関係を調査します。
役所調査:建築予定の土地がある行政機関にて、その土地に関連する法律・条例などを調査します。
現地調査:測量、隣地との関係、前面道路の幅員・高低差などを調査します。

② 資金計画
1、家づくりにかかる必要費用の確認(一例)
・建物本体工事費
・付帯工事費(地盤改良費用、外構工事費用、設計費用・解体作業費用など)
・諸費用、手数料(建築確認申請費用、登記に関わる費用、ローンの手続き費用、引っ越し費用など)
・税金(印紙税、登録免許税、不動産取得税、固定資産税、都市計画税など)
2、住宅ローン金利の種類 
・全期間固定金利(フラット35)
・変動型金利
・固定金利特約型など

③ 家づくりのプランニング
デザイン・間取り・プラン・設備機器・照明器具・エクステリアなど家全体をコーディネイトします

④ お見積もりのご提案

⑤ ご契約

⑥ 建築確認申請の提出

⑦ 着工

⑧ 地鎮祭
建物を建てる前に、工事の無事や安全を祈願するのが地鎮祭です。実際に家づくりに携わる職人さんたちと顔合わせができる場でもあるため、検討してみるのもよいかもしれません。

⑨ 棟上げ
木造住宅の建築工事で,柱や梁はりなど骨組みができて最後に組む棟木を上げること。

⑩ 検査
工事が終了すると完了検査が行われます。役所または指定機関による検査を受け、予定どおりに家が建てられているかどうかをチェックします。

⑪ お引渡し
建築主による竣工検査を行い内装や外装にキズや不具合がないかどうか、設備が正しく取り付けられているかどうかなど確認し家の鍵とともに保証書、引渡証、建築検査済証等をお渡しいたします。













お電話でのお問い合わせ TEL 048-981-5487

定休日:水曜・日曜
営業時間:9:00~18:00





TOPへ戻る