本文へ移動
完成現場見学会完成現場見学会

二世帯住宅モデルハウス新しい「つながり」の家
太陽光発電に吹付断熱を施した省エネ・ZEH住宅
2024 年7月完成予定
あたらしいのは、つながりかた。
どんなつながりかた?どんな二世帯?




「子世帯は子供ふたりと共働き夫婦」
「親世帯はリタイアしたばかりの元気なご両親」
そんなご家族に喜んでいただける建築士がプランニングした二世帯住宅のモデルハウス!


子世帯と親世帯は、食べ物の好みもライフスタイルも考え方も違う。
仲良く暮らすには、ちょうどよい距離感がたいせつ。距離感とはこの場合、物理的な距離と、精神的な距離。
玄関は別々に。お互いの世帯の出入りがわかり過ぎないように。
食品や日用品の収納や洗濯ものを干す場所はしっかりと分けて。
二世帯住宅であきらめていたこと。それは、友達を招くこと。それぞれの世帯が、家族だけでなく外の世界ともつながって、時には友達を招いておしゃべりをしたり、一緒に趣味を楽めたら。
お互いの世帯に気を使い過ぎないで暮らせる、この距離感であれば、それが叶います。
線引きはあえてゆるく。あとは住む人たちがめいめいに、それぞれの家族のつながりかたをつくっていってもらえればと思います。






プラン








「親世帯」のこだわりポイント
①玄関ホールから直接キッチンへ
買ってきたものをキッチンに運び、すぐに調理ができます。
 
②広々したLDK
広々と気持ち良い、リビングダイニング。北側なので窓を大きくせず、外が見える「地窓」にしています。夏はここから涼しい風が入ります。

③じゅうぶんな収納のついた寝室
視線はさえぎり、風通しは良くしました。
トイレには直接入ることができるようにリビングからと2つ配置しました。

④しっかりパントリー
キッチンの脇に食品や日用品をストックできるパントリーを設けました。
非常時のためのローリングストックも兼ねています。

⑤家事ラクな洗濯動線
「洗う→干す→しまう」の洗濯動線がスムーズになるように衣類乾燥機「乾太くん」を設置。






「子世帯」のこだわりポイント
①ゆったり3台の駐車スペース
大型の車が3台停められる余裕のある駐車スペース。

②二人並んで靴を履ける広さの玄関
人数が多い子世帯。一緒に出掛けることも多いので、玄関を大きめにとりました。

③たっぷりのファミリークローゼット&シューズクローク
家族の多い子世帯は大きめのシューズクロークとベビーカー、釣り竿、ゴルフクラブなどを収納できるスペース。

④広々と作業性のよいオープンキッチン
キッチンと食器棚のスペースを広くとっているので複数人での作業も楽々です。

⑤ランドリースペース(洗面室)
「洗う→干す→しまう」の洗濯動線がスムーズになるように衣類乾燥機「乾太くん」を設置。

⑥子供部屋
子供の成長に合わせて、将来ふたつに間仕切りすることが可能です。

⑦主寝室
大型のクローゼットがついています。



アクセス
(2023年12月アップ予定)
















TOPへ戻る